FAKE MESSAGE 01

ホンモノな街づくり目指す

私たちは最新の建築デザインと豊富な経験に基づく確かな建築技術でステークホルダーに永く愛され続ける建物を造り出すことを目標に日々街づくりに取り組んでいます。今現在の流行りだけを重視することなく、高いデザイン性を求めつつも地球環境への配慮や街との調和など様々な要因を考え、未来永劫ステークホルダーに愛され続ける建物にするにはどのようなデザイン・建築技法・建築素材が適しているのか、慎重に考えた上で提案することを大切にしています。 グローバル化が進み、日本の建築業界を取り巻く環境は大きく変化してきました。木造建築が主だった時代と比べ、建築素材の多様化が一気に進み、それに伴い必要な技術も細分化していきました。弊社では『ホンモノの街づくり』をスローガンとし、その時代に合っており、かつ数十年、数百年経ったあとも愛される建造物を建てることを目指し、日々様々な建築デザインや新たな技法を取り込みつつ新たな街づくりへ邁進しています。 またIoT化推進にも積極的に取り組んでいます。最新技術を用いて利便性を向上させることはもちろん、IoT化はバリアフリーにも通じる部分が大いにあります。また災害時の想定も力を入れている部分であり、もちろんIoTでデジタル化した部分も停電や万が一の事態に備えた構造になっています。耐震・免震・耐火構造についてもそれぞれの建造物にあった素材や構造を提案させて頂きますので何でもご相談ください。

FAKE MESSAGE 01

ホンモノな街づくりを通じて
明るい未来を築きたい

不動産事業部 本部長山岸 俊夫

FAKE MESSAGE 02

ホンモノだけを残したい

関わる人々が本当に求めている街づくりを行うことは私たちの責務だと考え、日々新しい都市計画を模索しています。地域の中でも目印となるシンボリックなデザインや、街並みとの調和を重視したデザインなど、その建築が求められる役割を明確にしたうえで、広い視野・長い目で街づくりを考えます。海外で使われる優れた建築素材や技術を用いるなど挑戦的な姿勢を大切にしています。 私たちは最新の建築デザインと豊富な経験に基づく確かな建築技術でステークホルダーに永く愛され続ける建物を造り出すことを目標に日々街づくりに取り組んでいます。今現在の流行りだけを重視することなく、高いデザイン性を求めつつも地球環境への配慮や街との調和など様々な要因を考え、未来永劫ステークホルダーに愛され続ける建物にするにはどのようなデザイン・建築技法・建築素材が適しているのか、慎重に考えた上で提案することを大切にしています。 グローバル化が進み、日本の建築業界を取り巻く環境は大きく変化してきました。木造建築が主だった時代と比べ、建築素材の多様化が一気に進み、それに伴い必要な技術も細分化していきました。弊社では『ホンモノの街づくり』をスローガンとし、その時代に合っており、かつ数十年、数百年経ったあとも愛される建造物を建てることを目指し、日々様々な建築デザインや新たな技法を取り込みつつ新たな街づくりへ邁進しています。

FAKE MESSAGE 02

世界を変えるような
ホンモノだけの街にしたいですね

不動産事業部 本部長神崎 俊樹

FAKE MESSAGE 03

誰もが安心できるホンモノな街を創りたい

私たちは最新の建築デザインと豊富な経験に基づく確かな建築技術でステークホルダーに永く愛され続ける建物を造り出すことを目標に日々街づくりに取り組んでいます。今現在の流行りだけを重視することなく、高いデザイン性を求めつつも地球環境への配慮や街との調和など様々な要因を考え、未来永劫ステークホルダーに愛され続ける建物にするにはどのようなデザイン・建築技法・建築素材が適しているのか、慎重に考えた上で提案することを大切にしています。 グローバル化が進み、日本の建築業界を取り巻く環境は大きく変化してきました。木造建築が主だった時代と比べ、建築素材の多様化が一気に進み、それに伴い必要な技術も細分化していきました。弊社では『ホンモノの街づくり』をスローガンとし、その時代に合っており、かつ数十年、数百年経ったあとも愛される建造物を建てることを目指し、日々様々な建築デザインや新たな技法を取り込みつつ新たな街づくりへ邁進しています。 またIoT化推進にも積極的に取り組んでいます。最新技術を用いて利便性を向上させることはもちろん、IoT化はバリアフリーにも通じる部分が大いにあります。また災害時の想定も力を入れている部分であり、もちろんIoTでデジタル化した部分も停電や万が一の事態に備えた構造になっています。耐震・免震・耐火構造についてもそれぞれの建造物にあった素材や構造を提案させて頂きますので何でもご相談ください。

FAKE MESSAGE 03

皆が安心して住める街をつくりたいですね。

不動産事業部 本部長新城 亜弥

FAKE MESSAGE 04

とにかく明るい未来にしたいです。

関わる人々が本当に求めている街づくりを行うことは私たちの責務だと考え、日々新しい都市計画を模索しています。地域の中でも目印となるシンボリックなデザインや、街並みとの調和を重視したデザインなど、その建築が求められる役割を明確にしたうえで、広い視野・長い目で街づくりを考えます。海外で使われる優れた建築素材や技術を用いるなど挑戦的な姿勢を大切にしています。

私たちは最新の建築デザインと豊富な経験に基づく確かな建築技術でステークホルダーに永く愛され続ける建物を造り出すことを目標に日々街づくりに取り組んでいます。今現在の流行りだけを重視することなく、高いデザイン性を求めつつも地球環境への配慮や街との調和など様々な要因を考え、未来永劫ステークホルダーに愛され続ける建物にするにはどのようなデザイン・建築技法・建築素材が適しているのか、慎重に考えた上で提案することを大切にしています。

グローバル化が進み、日本の建築業界を取り巻く環境は大きく変化してきました。木造建築が主だった時代と比べ、建築素材の多様化が一気に進み、それに伴い必要な技術も細分化していきました。弊社では『ホンモノの街づくり』をスローガンとし、その時代に合っており、かつ数十年、数百年経ったあとも愛される建造物を建てることを目指し、日々様々な建築デザインや新たな技法を取り込みつつ新たな街づくりへ邁進しています。

FAKE MESSAGE 04

とにかく明るい未来にしたいです。

不動産事業部 本部長木元 高次